夏はお肌の黒ずみが悪化しやすい!

だんだん暑くなってきました。夏になると肌を露出することが多くなります。
そこで気になってくるのが膝やら脇やらお尻やら小鼻だったりの黒ずみ。
お肌の黒ずみって気になりますよね。
若いころは全然気にしていなかったのに、ある日突然気がつきました。
肌の露出が多くなると日焼けをしますし、黒ずんでいる所は更に悪化します。
そもそも黒ずみとは肌の正常な働きが乱れて、そこを守ろうとする機能が働き、メラニン色素を生成してしまうので黒ずむのです。

ですので黒ずみの予防は肌のターンオーバーを正常に働かせることが大切になります。
顔周りの小鼻などの黒ずみは皮脂などの汚れで黒ずんでいる場合もあるのでキレイに汚れを落とすことも大切です。
特に顔の毛穴は開きっぱなしになるとまた皮脂汚れの温床になりますからキレイにした後はきちんと毛穴がキュッと引き締めてあげないと行けません。
毛穴を引き締める効果のあるアストリンローションなどを使いましょう。

体のほうの黒ずみに効果的なのはしっかり入浴して体を温めること。
夏は体を冷やしがちですが、体温が上がるとコラーゲンの生成が促進します。
そして日焼けをしないように心がけ、保湿を冬場以上にしっかりやることが黒ずみ対策には効果的です。
肌を露出する夏には黒ずみを悪化させる要素が沢山あります。
しっかりケアをして黒ずみの原因のメラニンを追い出してしまいましょう。

黒ずみの主な原因は上記のメラニン色素の沈着、角質の汚れがります。
またデリケートゾーンなどの黒ずみは下着の摩擦による色素沈着が原因の事が多いようです。

あまりにも締め付けの強い下着を履いてしまうと黒ずみがどんどん悪化してしまうので、きつすぎないものを選択した方が良いでしょう。
また、皮膚が薄いため、他の部位よりも刺激を受けやすく、傷つきやすい部位でもあります。
定期的にデリケートゾーンのムダ毛をカミソリで処理していると方もいますが、これも黒ずみの大きな原因です。
出典黒ずみいろは -脇や乳首、ヒジ、膝、デリケートゾーンの黒ずみ対策とおすすめ商品

そしてホルモンバランスが大きく乱れる妊娠や出産時に黒ずみに悩まされる事が多いようです。
セルフケアでも一向に効果が見られず、頑固な黒ずみに悩んでいる方はエステサロンなどでプロにケアをしてもらうことがオススメです。
しかし、手軽に始められるセルフケアとして生活習慣や食生活の見直しや保湿クリームなどで肌を整える事から始める事も出来ます。
しっかりコツコツ取り組む事で黒ずみが改善される事もあるのです。

私がいちばん気になったのは脇の黒ずみです。
気がついたときは脇が黒くなっていました。
鏡の前で立って腕をあげると、ぼんやりと脇の全体に広がっているのがわかりました。
原因は何だろう、ネットで調べてみたところ「制汗剤のせいで黒くなる」と書いてありました。
それまでスプレータイプの制汗剤を使っていましたが、それからは使うのをやめました。
ロールタイプにチェンジして治るだろう、と思っていました。

しかし少し薄くなったけれど、あまり変わらなかったのです。
原因は何だろうと思っていましたが、少し薄くなったので以前ほど気にとめませんでした。
そのころ脱毛サロンに通うようになり自己処理をする機会が減りました。
そうすると脇の黒ずみがほとんど無くなっていきました。
鏡の前に立っても、あまり目立つ黒ずみではなくなっていました。
気になって理由を調べてみたら、「黒ずみは肌を傷つけたり、乾燥しているとひどくなる」という記事を読みました。
それからは必ず脇も保湿するようにしています。